チェンナイ主婦日記

ホーム チェンナイ主婦日記

日本食材店に行ってきました

チェンナイには、日本食材が売られているお店がいくつかあります(私が耳にしたことがあるお店だけでも5件)。

そのうち、3件に行ってみました。置いている商品はお店によってさまざまで、一つのお店ですべてのものが揃うわけではありませんが、合わせてみるとたとえば…

【食べ物編】

そーめん(揖保の糸)、インスタントラーメン、切り干し大根、芽ひじき、

日本のレトルトカレー(ここにもカレーが…苦笑)、木綿豆腐、こんにゃく、乾燥ワカメ、シーチキン

【調味料編】

マヨネーズ、醤油、だしの素、お味噌、酢、料理酒、味ポン、みりん、そうめんつゆ、昆布だし、チューブわさび、ごま油

あと、お好み焼きソースの定番(と信じている、笑)「おたふくソース」を見つけたときはなんだか嬉しくなって、店員さんに「すごくいいお店ですね」って伝えたくらいです、笑。

お値段はお店によって多少違いますし、かなり大雑把にですが、そーめん(揖保の糸)で1000円くらい、そーめんつゆも1000円くらいだったと記憶しています。

全体的にお値段は日本よりもかなり高いですが、それでもインドで見つけた日本食材は不思議とキラキラして見えました、笑。

他にも、通常のスーパーには置いていないようなスモークサーモン、冷凍の牛肉、豚肉なども売られていて、牛肉スライス200gで200ルピー(約300円)、牛肉と豚のひき肉250gで200ルピー(約300円)くらいだったので、こちらはお値段もお手頃です。

あるお店では、豚の薄切り肉を「PORK SHABU SHABU」と書いて売っていて1 kgで1200ルピー(約1800円)でした。

他にも、あるお店では日本米「こしひかり」も手に入るらしいです。お米は日本からの郵送も難しいらしいので(送ってもらったことはありませんので噂レベルですが、検疫で没収されることが多いらしいです。)手に入るのはすごく心強いです。

 

主人がひとつ前のブログで書いていましたが、デリー在住の日本人主婦の方々とお話させてもらったという、「日本食材であったらイイナ」を私も考えてみました。

現実的にはなかなか難しそうですが、私がすぐに思いついたのは「油揚げ」です。日本では切り干し大根を炊くときも芽ひじきを炊くときも「油揚げ」を頻用していたので、「油揚げ」がないのは、ちょっと物足りない気がしています。

輸入となると消費期限を考えても難しそうですし、是非、お豆腐屋さんがインドに出店してほしいです!ベジタリアンが多いインド人にも受け入れらたりしそうな気も…笑。

チェンナイと比較したバンガロールの街の雰囲気

チェンナイからバンガロールに2泊3日で行ってきました。

行く道中については一つの前のブログをご覧ください。

今日はバンガロールで過ごした街のことです。

とは言っても、移動はほぼ車ですし、私は主人が仕事に出かけている間、決まった所でお茶しているだけなので、ほとんど街をブラブラしていません。

ですが、それでも街の印象はチェンナイとはかなり違いました。

一つ前のブログにも書いたことですが、一番わかりやすかったのはチェンナイよりも涼しいこと。

しかもこれから12月にむけてさらに涼しくなるようで、セーターを着られる方もいるのだとか。

 

話している言葉もチェンナイとバンガロールでは違うらしいです。

そもそも私の場合、チェンナイ(タミルナードゥ州)で話している「タミル語」がわからないので、泣、正直なところさっぱり変化は感じませんでしたが、 バンガロール(カルナータカ州)で話している言葉は「カンナダ語」なのだそうです。

ちなみにどのくらい違うかというと、 たとえば「こんにちは」という意味…

タミル語:ワナッカム

カンナダ語:ナマスカール

こんな感じで、全然言葉が違うらしく、タミル語しか出来ないインド人はカンナダ語を聞いてもほぼ理解できないそうです。

言葉が違うといっても日本の方言くらいの違いをイメージしていたので、同じインド人同士で言葉が理解できないって驚きです。(日本の方言でも場合によってはお互いに理解できない言葉もありますが…)

 

他には、チェンナイに比べ、バンガロールの方が都会だなあと感じるところが多かったです。

たとえば…

道が整備されているところが多い。

バスは窓と入り口のドアがついて冷暖房管理されているのが多い。

(チェンナイのバスは、窓枠のみでガラスは入っておらずドアもないのが多い。)

おしゃれなレストランが多い。(例えば、バンガロールでは日本にもある「ハードロックカフェ」も発見。)

女性でもGパンを履いている人が多い。

あとビックリしたのが女性の髪型です(男性は基本的にほとんど変わりませんが、笑)。

チェンナイの女性は大半の人が、黒髪のロングヘアで後ろに一つに束ねて三つ編みをしています。たまショートカットの方もいますがかなりの少数派です。

※ 写真はチェンナイ女性に多いヘアスタイルです。(今回、バンガロールではほとんど写真を撮れていないのでブログを書く今になって後悔しています、泣。)

なのにバンガロールには、ショートカットの女性もけっこういましたし、カラーリングをしている人までいたことには驚きました。

同じインドでも州によってけっこう雰囲気が違うことや、その中でもチェンナイはまだまだ「保守的な街」と聞いていましたが本当にそんな感じが伝わってきました。

そういえば…人はチェンナイの人の方が温かい感じがしました。(自分が住んでいるので色眼鏡が入っているかもですが、笑)チェンナイの人は目が会うとニコッてしてくれる人が多いし、今の所ひったくり等にもあっていません。

そういう意味で、チェンナイは「保守的な街」と同時に「インドのオアシスみたいな街」と聞いたことがあったのも思い出しました。

(バンガロールでは「本当に過ごしやすい街!」って何度も口にしてたのですが、最後は、なんだかチェンナイアピールになってしまいました、笑。)

工業団地経由バンガロールへの道

昨日から主人の仕事でバンガロールという街にきています。

バンガロールは「インドのシリコンバレー」とも呼ばれる、IT産業などが盛んな街だそうです。

また、標高が高いため、チェンナイよりもかなり涼しく、日本の秋の気温が味わえて快適に過ごしています。

Google mapだとけっこう近く感じるのですが、チェンナイからバンガロールまで約360kmほどあります。

昨日は、ドライバーさんを雇い車を運転してもらって来たのですが、だいたい7〜8時間くらいかかったと思います。

ちなみに日本で「ドライバーさんを雇う」っていうと贅沢な感じがしますが、普段でもチェンナイの街を自分で運転するのは厳しいです。

二車線のところに三車線な感じで走るのは朝飯前で、逆走する車も見かける。

横断歩道以外でも、すぐ人が飛び出してくる。

ヘルメットをかぶっていない2人乗り(場合によっては3人乗り、4人乗り)のバイクが多い。

ウシも堂々と道を歩いてることがある、などなど

お互いにクラクションを鳴らしながら、ぶつからないように、そしてアグレッシブに、笑、運転しているので、この土地に慣れている方に運転してもらわないと危険すぎて何個命があっても足りないのでは?って思ってしまいます。

 

バンガロールに向かう途中でチェンナイにある工業団地に寄り道してインド日産工場を外から見学してきました。

かなりキレイし立派!想像していたのとは違う(失礼ですみません)。

ですが、このようなキレイな工場が立ち並ぶ場所がある一方で

まだ、すぐ近くには藁の屋根の家が立ち並んでいたり、ウシが歩く砂道が続いている光景があり、すごく不思議な感じがしました。

 

その後、バンガロールまでは、高速道路を使っていきましたが、キレイに舗装されている道が多く、また日曜日ということも影響していたのか混んでいるところも少なかったので、かなり快適な旅でした。

 

 

「ギー」のこと

チェンナイのスーパーには「ギー」というものが、たくさん売られています。

「ギー」のことは今まで知らなかったので調べてみました。

「ギー」は澄ましバターともいわれる、古くからインドやアフガニスタンなどで使われている乳脂肪製品なのだそうです。

例えば一般的にナーンに塗られているのが「ギー」です。

(ただ、日本で食べるナーンに塗ってあるのも「ギー」なのか、むしろ日本ではバターを代用している所が多いのでは?!と思いましたが、調べられておりません。ひとまずは帰国したときにインド料理店で聞いてみたいです。あ…でも、日本に帰ったときくらいインド料理はお休みしたい気も…苦笑。)

その他にも調理油として炒め物やお菓子作り、また宗教的な儀式などにも使われており、インドではなじみ深いもののようです。

また、「ギーはウシやヤギの乳から作られ、その過程で水分、糖分、蛋白質などが除かれることにより、バターよりも腐敗しにくく、平均気温の高い地域でも長期間、常温で保存することが可能になる」とのこと。

人工的な食品添加物などを加えずに、保存期間を高める昔の人の知恵はすごいなあと感激しました。しかも、「ギーにはコレステロール低下作用がある」との研究結果も報告されています。

ですが、動物由来の「ギー」よりも「水素化植物油から製造される(水素化植物油由来の)ギー」の方が、製造コストが安いため、「水素化植物油由来のギー」がインドをはじめ各国に出回っているのだとか。

しかも残念なことに、「水素化植物油由来のギー」には、健康上問題視されている「トランス脂肪酸」が含まれているようです。

 

さっそく、「ギー」を買ってきて、ひとまず朝食の食パンにぬって食べてみましたが、私にとっては少しクセの匂いのように感じました。

やはり、パンよりもナーンなどに塗ってある方がシックリくる気がします。

まだ、家に残っているので、他にも「ギー」の美味しい使い方を色々試してみたいと思います。

 

参考文献

“Health Benefits of Ghee”. Spiritfoods. Retrieved 26 June 2012

Matam Vijaya Kumara, MV; kari Sambaiaha; Belur R. Lokesh (February 2000). “Hypocholesterolemic effect of anhydrous milk fat ghee is mediated by increasing the secretion of biliary lipids”. The Journal of Nutritional Biochemistry 11 (2): 69–75. doi:10.1016/S0955-2863(99)00072-8. PMID 10715590.

Wikipedia

 

 

 

アーユルヴェーダドクターに診察してもらいました

前回の記事、「アーユルヴェーダマッサージ」の続きです。

受付のお姉さんに、アーユルヴェーダドクターがいらっしゃる診察室に通されました。

ドクターは私の推測では40歳前後の男性で、白衣は着ておらず、キチッとしたシャツとパンツ姿。

長いヒゲを生やした長老みたいなドクターがいらっしゃるのかなとドキドキしていたので、イメージと違い驚きました、笑。

まずはドクターにアーユルヴェーダ診療は初めてである旨を伝えると、

「アーユルヴェーダ」の意味、

「アーユスとは生命、ヴェーダとは科学、知識という意味があり、約5千年近い歴史があるインドの伝統医学です。中国の医学と似ていて、疾病の予防や治療に使われます。」

という内容のことを英語で丁寧に説明してくれました。

(ちなみに、私は英語に自信はありませんが、以前にアーユルヴェーダについて本で読んでいたことと、ドクターがゆっくり話してくれたこともあり、ほぼこれで間違いないと思います、笑)

「肩が常に凝っている」と訴えて、みてもらいました。

まずは問診、

名前、年齢、電話番号、タバコは吸うか、お酒は飲むか、大きい病気をしたことがあるか、いつからその症状はあるのか、具体的にどの部分なのかなどを聞かれました。

さらに触診の結果、

「これから週に1回、マッサージにきなさい。ただし、マッサージの前に僕の所にきなさい。そうしたら僕がマッサージ担当に、オイルの種類やマッサージ方法を指示します。」と。

どうやら、今回私が受けたマッサージはリラックスを目的としたマッサージだったようですが、

次回は肩こりの治療としてのマッサージが受けられるとのことでした。

そして、最後に一言注意を受けたのが、

「冷たい水は飲まないように」ということ。

暑いから冷たい水をゴクゴク飲んでしまっていたので苦笑いをしてしまいましたが、確かに冷たい水で身体を冷やすと良くないというのは日本でもよく聞きます。アーユルヴェーダの考え方でもやはり良くないんだと再確認。反省しました。

ちなみに診察料は、200ルピー(約300円)でした。

 

思い返せば、チェンナイのカフェやレストランで出される水は基本常温です。

冷たい水をお願いすると出してもらえるのですが、チェンナイの人たちの多くは常温で飲んでいるように思います。

もしかすると、この習慣もアーユルヴェーダの考えがチェンナイの人たちに根付いているというのが理由の一つかもしれません。

 

次回のマッサージが今回受けたマッサージとどんな風に違うのかがすごく楽しみです。

来週にマッサージを受けに行く予定なので、またレポートします。

 

アーユルヴェーダマッサージ

念願のアーユルヴェーダマッサージを体験してきました。たまたま家の近くを歩いているときに見つけたアーユルヴェーダ施設です。

スパ内はとても清潔で、二人の女性が絶妙のリズムとコンビネーションでオイルマッサージをしてくれます。一人は右側担当、もう一人は左側担当。頭と顔のときは一人は休憩しています。

頭の先から足先まで、1時間マッサージしてもらってかなりスッキリしました。

コリをゴリゴリとってくれるという感じではなく、オイルで全身を流してくれる感じ。

 

マッサージでは頭の先からつま先まで、オイルだらけになるので最後はシャワーを浴びて終了でした。

すごくよかったけど、しいて言うならドライヤーがなくて残念でした。

ちなみにお値段は1時間で1200ルピー(1500円程度)。

 

マーサージが終わってから受付のお姉さんと話していると、この施設にはアーユルヴェーダのドクターがいらっしゃって、今、見てもらえるとのこと!

アーユルヴェーダ診療に興味があったので、さっそくドクターに長年の肩こりを相談することにしました。

 

次回に続きます。

服を買いました

インド・チェンナイでのショッピングは日本にいるときから楽しみにしていたことの1つです。

せっかくなので、「チェンナイではサリーを着たい」って思い、日本からは服をほとんど持ってきていませんでした、笑。

ですが、実際チェンナイに来てわかったことは、

「サリーを来ているのは年配の方ばかりで、若者はほとんどサリーを着ていない」

という私にとっては衝撃の事実!

 

女性の若者の多くは「バンジャビドレス」というのを着ています。

(インドではサルワール・カミーズやサルワールスーツと呼ぶようです。)

「バンジャビドレス」は長い棉のシャツ(カミーズ)とズボン(サルワール)、ストールの3点から構成されていて、それぞれ自分でコーディネートします。

※ マネキンが少し恐いですが…泣

ズボン(サルワール)は太めが基本のようですが、マネキンが履いている感じのスパッツの方もけっこういます。スパッツはいずれもかなり長いサイズが売られていて、下でクシュクシュってして履くのがステキなのだそうです。

スボン(サワール)やストール(ドゥパッタ)は、とにかくカラーが豊富で選ぶのが楽しい!

 

私が行ったお店での価格帯は、シャツが700ルピー〜3000ルピー(約1000〜4500円)前後のものが多く、ズボンは約500ルピー(約750円)前後、スパッツは300ルピー(約450円)前後という感じでした。

ちなみにデリーなどの都会ではすでに「Tシャツとジーパン」の格好とした女性も多いと聞きますが、チェンナイでは「Tシャツとジーパン」という格好の女性は街でほぼ見かけません。

いちよう、お店の中には女性用のTシャツやジーパンを売っているコーナーもあるので、今後増えてくるのかもって思います。

 

今後もショッピングは大きな楽しみの一つです♪

スーパーに行ってきました

チェンナイでは野菜や果物は道端や街の小さなスーパー、ショッピングモール地下にある大型スーパーなどで売られています。

今回は、大きなショッピングモール(エクスプレスアベニュー)の地下のスーパーに食材を買いに行ってきました。

このスーパーはかなり大型ですが肉や魚は売っていません。

その代わりなのかとにかく様々な野菜や果物が売られています。日本でもよく見かける野菜や果物も!

たまねぎ、じゃがいも、キャベツ、トマト、にんじん、ピーターコーン、大根、ピーマン、オクラ、カリフラワー、アボガド、にんにく、ショウガ、マスクメロン、スイカ、パイナップルなどなど、挙げればキリがないくらいです。

逆に見かけないなーと思うのは、

青しそ、菊菜、小松菜、梨、すだちなど

あと、名目は日本と同じだけどチョット違うなーと思うものも、笑。

例えば、「ねぎ」

みかけは小さめのネギって感じなのにネギらしい匂いはほぼしません。

それから、「レモン」

すだちサイズのレモンらしからぬレモン。家に帰って使ってみると明らかに

「レモンちゃうやんライムやんっっ!」

とツッコミたくなるお味。レモン好きな私には辛い事実です、笑。

 

ちなみに、買うときは計り売りのものがほとんどです。すきな分量をビニール袋に入れてもっていくと計ってくれます。

参考までにお値段は人参1本で3.5ルピー(約5円)、ピターコーン20本くらいで43ルピー(約65円)。

日本に比べるとかなりお買い得です♪

一番不安に思っていたこと

インドに来るまでどうしても不安に思っていたことがいくつかあったのですが、その中でも第一位は『お風呂』のことです。

私は肩こり体質なこともあり、バスタブに浸かってゆっくりする時間が大好きです。

 

ですが、インドではバスタブはなくシャワーしかない所が多いらしく、中には水しか出ないところもあるのだとか…。どうやら、インドでは昔から朝に川で沐浴する文化があり、シャワーのみで済まし、あまり熱いお湯も好まない方が多いようです。

今は高級な家やホテルにはバスタブが設置されている所もあるようで、街のバスタブ屋さんも発見しました。

 

ただ、我が家にはシャワーしかありません。お湯は出るのですが、かなり水圧が低く、みかけ上、日本の3分の1くらい。バスタブ購入もすぐに検討しましたが、残念ながら我が家の水はけは良くなくバスタブを置いても水があふれてきそう、泣。

 

始めの何日かはシャワーのみで過ごしてみましたが、なんだかもの足りない。

先日、スーパーに行ったところ、大きい風呂桶といすを発見!

すぐにこれらを買ってきて足湯をしたり、お湯をためて、ザバーっとお湯をかぶれるようにしてみました。

日本にいるときには考えられないことですが、案外これで身体が温まり、バスタブがなくても大丈夫な気がしているので不思議です、笑。



 

はじめまして、妻です。

私は主人より遅れて渡印したため、インドのチェンナイに来てから今日で5日目になります。今回が初めてのインドです。

主人の仕事の都合でインドに来ることになりましたが、正直なところ、私自身は今まではインドに興味があったわけではなく、インドのことは…「カレー」…くらいしか知らなかったくらいです、苦笑。

インドに行くことが決まって以来、本で読んだり、人から話を聞くと、色んな噂があって(トイレの空気の半分が虫でうめつくされているくらい虫が多いらしいよetc)正直不安がなかったわけではありません。

ですが、チェンナイに来て5日たち思うことは(インドは地域によって全然感じが違うようなので、あえて「チェンナイ」にしますね)

「なんとか生活していけそう。想像していたよりも楽しい。」(今のところ大量の虫にも遭遇していません、笑)

これから、INDIA GO!の「チェンナイ主婦日記」という新カテゴリー中では、私のたわいのない日常を書いていけたらと思っていますのでよろしくお願いします。