インドの予防医学

ホーム インドの予防医学

アーユルヴェーダ(Ayurveda)という名のインド式治療法

インドの伝統医学である“アーユルヴェーダ(Ayurveda)”は

病気になりにくい心身をつくることによって

健康を維持する「予防医学」の考え方に立っていて

約5000年もの歴史を持っているんだそうです。

また、ウィキペディアによると

「心、体、行動や環境の調和も含めた全体としての調和が健康にとって重要」とされていて、

オイルマッサージを行うのは

余分なエネルギーや未消化物を体外に排泄させるための準備段階の処置に過ぎないのだとか。

日本ではこの「準備段階」のオイルマッサージ等が

インド式美容やセラピーとして広まっているような印象を受けますが、

インドではその後の心身の浄化処置を含めて

「治療」として認知されていることが私にとって新しい発見でした。

 

この”アーユルヴェーダ”

日本にいた頃からずっと気になっていたので、

妻が何度か行っている家の近所にあるアーユルヴェーダ医院で

(妻のアーユルヴェーダ体験記はこちら)

120分のコースを体験してきました。(2,900ルピー(約4,000円))

アビヤンガ(Abhiyanga)という全身オイルマッサージと、

タイラダーラ(Thaila Dhara)という頭部にオイルを浸し続ける治療を組み合わせたものです。

男性には男性スタッフが2名つき、

女性には女性スタッフが2名つきます。

個室に入るやいなや

「Remove all」と言われ、すっかり全裸なりました。

厳密にいうと頼りないふんどしのようなものを渡されましたが、

スケスケなので全裸も同然ですね。(笑)

不思議な形をした木製のベッドと、

男性スタッフ2人を横目に、

多少の不安を覚えながらまず最初は木箱のようなものに座らされました。

ドクダミ茶のような独特の香りのする黒いオイルを

(後で確認すると 『Kottam Chukkaadi』という名のオイルだそうで、

オイルのビンには略称で『K.T.C.H』と書かれていました。)

頭皮に塗りこんで15分ほどかけて念入りにヘッドマッサージが始まります。

ヘッドマッサージが終わっていよいよベッドに寝かされると、

男性スタッフ2人が全身に温かいオイルを塗りこみ始めました。

独特の香りにつつまれながら、

とても気持ちのよいマッサージなのですが、

正直、あまりの無防備な自分の姿と、

今まで体験したことのない激しいにマッサージに

10分ほど自分自身との葛藤が続きました。

それでも、最後のほうは多少おち○ちんに手が当たろうが

おしりの割れ目にまでオイルを塗りたくられようが、

ほぼほぼ身をゆだねることに成功しました。(笑)

残り30分くらいで始まったタイラダーラは最高に気持ちがよく

額にオイルを垂らし始めてから5分もしないうちに眠ってしまいました。

目が覚めたときは頭の中が空っぽになったような感覚でした。

そして、ここからが本当の「治療」が始まるんだな、と再認識しながら、

次回はアーユルヴェーダ発祥の地ケララ州か聖地スリランカで、

泊りがけで全ての処置を経験してみたいなーと企んでいます。

アーユルヴェーダの治療用マッサージを受けました。

以前のブログ「アーユルヴェーダマッサージ」と「アーユルヴェーダドクターに診察してもらいました」の続きです。

前回は、マッサージの後にアーユルヴェーダドクターがいらっしゃることがわかり、診察してもらったのですが…

今回は、マッサージの前にアーユルヴェーダドクターに診察してもらい、以前に訴えた肩こり症状を確認してもらいました。

触診により、今日は「治療としてのマッサージ」を受けることに決定。

マッサージ担当の女の子二人がドクターと私がいる診察室によばれ、ドクターが私の肩を指しながらどうやらマッサージの詳細を指示してくれたようです。(タミル語で話しているようで、さっぱり聞き取れませんでした。)

 

マッサージが始まると、まずは前回受けたのと同様の全身オイルマッサージを二人の女の子が(一人が左側担当、一人が右側担当)絶妙のコンビネーションでリズミカルに頭の先から足先までの全身マッサージをしてくれました。

さらに今回はここからプラスαとして「治療としてのマッサージ」をしてくれました。

ハーブなどをガーゼにつつんだハーブボールを、鍋の中でハーブオイルに浸し温めて、身体にトントンたたきながらハーブオイルを身体に塗り付けるように、さらに全身をマッサージしてくれました。特に肩の部分を重点的に。

どうやら、これは「ポディキリ」と呼ばれるアーユルヴェーダマッサージの手法の一つのようで、

温かいハーブボールを患部にあてて身体を温め、冷えの改善やハーブの薬効成分により腰痛や肩こりのような関節痛や筋肉の痛みを緩和するのに効果があるそうです。

写真はハーブボール(ポディキリ)を温めていた鍋です。肝心のポディキリは、カメラで撮らせてもらおうとした時には、すでに片付けられてしまっていました…泣。

 

次に、スチームを背中に存分にあてて温めてくれたのですが、それはまるでバスタブに浸かったような感覚。チェンナイに来てからシャワーだけで済ませ、一度もバスタブに入っていない私にとっては格別な時間でした。

この写真はスチームが出る機械?で、お鍋で水を沸騰させるとホースから水蒸気がでるというしくみのものです。

トリートメントが終わってシャワーを浴びた後は、もう一度診察室に呼ばれてドクターにお会いました。肩こり改善のためのストレッチ教えてもらい、前回同様に冷たい飲み物を飲まないようにと釘をさされて終了。

90分コース(診察等をいれると軽く2時間は超えていましたが…)で、1800ルピー(約2700円)でした。

 

とにかく全身が温まり、その場ですぐに身体が軽くなったという感じはしなかったものの、次の日は身体がかなり軽かったです。

私は普段、肩こりで頭痛がすると、ついつい痛み止めの薬に頼ってしまうのですが、アーユルヴェーダ治療の方が根本的な所から良くなっている感じがして嬉しいです。

ちなみに、日本ではアーユルヴェーダマッサージを聞いたことはあっても受けたことがなかったのですが、調べてみると日本でも「ポディキリ」トリートメントなどを受けられるのですね。知らなかった…。

 

「月刊 Chalo」にコラムの連載決定

ご縁あって、この度「月刊Chalo」というインド初の無料日本語フリーペーパー(約4000部発行)の11月号よりコラムの連載をさせていただくことになりました。主にデリーやグルカオンなどの北インドを中心に設置されているフリーペーパーだそうです。

お話をいただいたキッカケは「月刊Chalo」の編集長さんが、この「INDIA GO!」ブログを見てくださって、私の「インド予防医学研究家」という自己紹介に興味をもち連絡をくださったことです。

 

この「インド予防医学研究家」という仰々しい自己紹介についてですが…

主人の仕事の都合でチェンナイに行くことが決まったとき、この特別な機会に自分にできることを少しでもやっていきたいと思い(この気持ちを忘れないようにしようと)、あえてブログの自己紹介に書きました。

「インド予防医学研究家」というと、「インドの伝統医学のアーユルヴェーダを研究するの?」と聞かれることが多いです。

実際、アーユルヴェーダに興味を持っていて、せっかく本場のインドにいるので勉強したいと思っていますが、それだけでなく、より生活に近い意味でインドでの「食品の安全性(食品添加物や農薬など)」や「医療事情」などについて不安に思っていたためチャント知りたいと思ったことも「インド予防医学研究家」としたキッカケの一つです。

たとえば「お腹を下して下痢になった」くらいで数日で完治するのであればいいのですが(実際よくはないものの、なんとかなりそうな気がします、苦笑)、

すぐにはわかりにくい食品添加物や農薬などの影響は、場合によっては将来的に「発ガン性」や「催奇形性」などにつながりかねないので、インドの現状を知り必要であれば生活する上で対策をとりたいと思っていました。

また、私はインドに来る前は薬剤師国家試験予備校で講師をしていたのですが、そのとき担当していた科目に「食品衛生学」や「薬事関係法規・制度」などがあります。

これらはまさに“日本の”「食品の安全性」や「医療事情」についての内容が含まれていて、日々学生さんにお話していていたことでもあります。

 

こんなこともあって、私のインド生活体験談を通して、何か文章にしたり(Blogもその一つです!)、お話する機会ができて誰かのお役にたてば最高だなと漠然と考えていたので、コラム依頼のお話をいただけたことはとても嬉しいです。

「月刊Chalo」のコラムでは“今”のインドの「食品の安全性」や「医療事情」などをテーマに書かせていただく予定にしています。

「月刊Chalo」は、HP(http://gekkanchalo.com/)よりダウンロードもできるようで、また記事が掲載された際にはご報告しますので良かったら見てください。

それから、「月刊Chalo」は、私達が住んでいる街「バンガロール・チェンナイ版」も今後発刊予定だそうで、レストランやSPAの紹介のページがたくさんあるといいな♪と今から楽しみにしています。