ホーム インドの宗教と文化 ヒンドゥー教家のおまじない...

ヒンドゥー教家のおまじない「コーラム」

2734
シェア

ちょっと気になってたことがあります。

私が今住んでいる同じアパートの住人の玄関前に、

毎日違った幾何学的な模様のペイントがされていること。

ま、まさか召喚魔術師でも住んでるんじゃないだろうな

などとちょと大げさに魔法陣的なイメージを膨らませていたのですが、

これ、どうやら 「コーラム」 というヒンドゥー教の風習で、

家庭の繁栄や幸せ、

そして、不吉を避ける「魔除け」を祈って描かれる

ヒンドゥー教家の女性の日課なんだそうです。

 

 

花嫁修業のひとつでもあるこの「コーラム」は

その家系において代々描かれてきた吉祥模様として

母から娘へと受け継がれていくんだそうです。

昔は米の粉や、石灰石を使っていたようですが、

現在はチョークで描かれていることが多いとのこと。

で、この「コーラム」

実は私が今住んでいるアパートのエントランス前にも描かれています。

ちょうど踏んでしまいそうな場所に描かれているので、

いつも出かけるときにこの 「コーラム」 を避けて歩いていたんですけど、

どうやら、むしろ踏んだほうがいいということを知りました。

ヒンドゥー教では 「訪問客=神」 と考えるようで

訪問客の足跡によって 「コーラム」 が消されると良いことが起きる

という言い伝えがあるようです。

ちなみにアパートのエントランスに描かれている 「コーラム」

まさか管理人のじっちゃんが描いているんじゃなかろうな

と疑って聞いてみたら、やはり

「これは女性が描くものだからオレは描いてないぞ」と照れくさそうに言ってました。

どうやら同じアパートの住人が毎日描いてくれていたみたいです。

日本の盛り塩に似た風習を見つけることができて

なんだか嬉しくなりました。


1コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

*