インドの携帯電話事情

ホーム インドの携帯電話事情

SIMフリー版iPhone4Sをインドで使う

インドに移住するにあたって

事前に準備をしたことのひとつに「携帯電話」があります。

私はiPhoneが大好きなので

インド渡航を機にiPhone4Sを新しく買おうと思っていました。

そこで、香港にいる友人にお願いして

SIMフリー版iPhone4Sを買って日本に送ってもらったんです。

ご存知の方も多いかと思いますが、

日本で販売されているiPhoneは

基本的に「SIMロック」がかかっていて、

日本国外の現地通信会社の規定料金では利用できない仕組みになっています。

短期滞在の場合であれば、

「海外パケ放題」などのプランを利用すれば

定額2,980円/日などでそのまま海外で利用することはできますが、

長期滞在となるとかなり高額になってしまいます。

また、本来iPhoneに備わっているはずの「テザリング機能」も

日本のiPhoneだけ基本的に利用できないよう制限されてしまっています。

「テザリング機能」とはiPhoneのネット環境を利用して

iPhone経由でパソコンのネット接続を行う機能のことを言います。

例えば、iPhoneさえ手元にあれば

外出先であってもiPhoneが無線ルーターの機能を果たし、

ノートパソコンにネット接続ができるので超便利です。

 

さて、海外で自由にiPhoneを使うための選択肢は主に下記3つです。

 

(1)、日本SIMロック版iPhoneを脱獄する

(2)、日本SIMロック版iPhoneをSIMフリー化する

(3)、海外SIMフリー版iPhoneを購入する

 

(1)および(2)はiOS更新時の不安定さや、

故障時のサポート等が受けられない可能性があるなど

自己責任の上である程度のリスクを負う必要があるため、

今回は大事をとって(3)海外SIMフリー版iPhoneを購入してみました。

その中でも香港を選択したのは

香港には消費税(付加価値税)がないため比較的安く購入できる上、

日本にiPhoneを送ってくれる香港の友人がいたからです。

というのも、香港Apple Storeからは国外に商品を直送できない仕組みになっています。なので、

 

(1)、自分で香港まで行って購入するか

(2)、アップル商品の取り扱いがある香港の代理店にお願いするか

(3)、香港にいる友人にお願いするか

 

のいずれかになります。

 

iPhone4Sをインドに持ってきて本当によかったなと思っています。

スピーディで高画質な写真機能や、

TwitterやFacebookなどの使い勝手もそうですが、

やはり何と言ってもMapおよびGPS機能が未開の土地インドではとても助かります。

オートやタクシーで行き先を伝えたり値段交渉をする際に、

おおよその場所や相場を事前に把握できるからです。

オートに乗っているあいだも

MapやGPS機能を見ていればちゃんと正しい方向に向かっているか一目瞭然です。

とはいえ、先日更新された新しいiOS6.0のMap機能はちょっと酷すぎますが。。。

近くにあったはずの大きな川が、

今回のOS更新によって地図上から消えてなくなってしまいました(笑)

次回は私が現在利用しているAirtelという現地キャリアの料金プランについてご紹介したいと思います。