チェンナイ観光スポット

ホーム チェンナイ観光スポット

チェンナイのおすすめシーフードレストラン3選!

チェンナイといえばインド国内でも

新鮮な海産物が獲れる地域として有名で、

以前はチェンナイ近郊の魚市場をご紹介しましたが、

(記事はこちらhttps://tanakkei.com/?p=10813

実は、意外にもシーフードレストランがあまりありません。

そんな数少ないシーフードレストランの中から

今日はチェンナイのオススメシーフードレストランを3店舗ご紹介します。

 

1. The Marina

Address : 39, College Road, Nungambakkam, Chennai

https://www.zomato.com/chennai/the-marina-nungambakkam

まずは何といってもここ!おそらくチェンナイNo.1のシーフードレストランです。氷がたっぷり敷き詰められた台の上に、魚やエビ、カニ、ロブスターなど様々な魚介類がキレイに並べられていて、食材は新鮮そのもの。食べたい魚介類をその場で量り売り。そして、自分好みに味付け・料理をしてくれます。あっさり塩味から中華風、インド風までお店が食材ごとに推薦する味付けにチャレンジしてみるのもあり。お値段も5スターホテルと比べると随分とリーズナブルです。(※お酒は出ません)

Marina 3

 

2. The Manhattan Fish Market

Address : 94, Mr. Radhakrishnan Salai, Mylapore, Chennai

https://www.zomato.com/chennai/the-manhattan-fish-market-mylapore

次は今年オープンしたばかりの若者に大人気のお店。チャウダーやサラダ、パスタ、そして、人気メニューのシーフードプラッターは、目の前でガスバーナーを使って炙ってくれるパフォーマンスもあり。インドらしく基本的に味付けはこってり濃い目ですが、豊富なメニューと清潔感溢れる店内は活気もあってグッド。二階は明るい照明で大衆食堂風、三階は間接照明を使った少し落ち着いた雰囲気で、しかも個室もあるのでいろいろと使い分けもできそうです。(※お酒は出ません。)

Manhattan

 

3. Bay View – Vivanta by Taj Fisherman’s Cove

Address : Covelong Beach, East Coast Road (ECR), Chennai

https://www.zomato.com/chennai/bay-view-vivanta-by-taj-fisherman-s-cove-east-coast-road-ecr

最後のお店は言わずと知れたここフィッシャーマンズコーブ内のレストラン。目の前に広がるベンガル湾を眺めながら、週末の夜は生ライブ演奏もあり、その後は波の音を聞きながら美味しいシーフード料理が堪能できます。味もさすが5スターホテルだけあって美味。今の時期は少し暑いかもしれませんが、海風に吹かれながらのビールは格別。ビーチに一番近い席がオススメなので要予約です。

Bay View

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

世界で二番目に長いというマリーナビーチ

先週の日曜日に世界で二番目に長いというマリーナビーチに行ってきました。

チェンナイに住む人々にとって、

喧噪から離れてのんびりとくつろぐことができる憩いの場所なんだそうです。

が、とんでもない!w

ビーチに着いてから海辺までがやたらと遠いし、

とにかく人は多いし、

犬がうろうろしているし、

みんなゴミをビーチに捨てすぎだし、

インドお得意の生ごみ臭に加えて、

魚の屋台がその臭いをさらに強化しちゃってる。

なんだかとても残念なビーチでした。

でも、ビーチでみんな何をしているのかというと、

家族や友達と一緒に会話を楽しんでるんですね。

まさにインド人にとっては憩いの場所なんだと思います。

泳いでいる人もいなければ

(噂によると裸になって泳ぐと警察官らしき人に棒で叩かれるんだとかw)

水着を着ている人さえひとりもいません。

ただ、純粋に、家族や友達との会話を波打ち際で楽しんでいるんです。

男心をくすぐるヌーディストビーチの対極にあるのがこのマリーナビーチです。

(そーゆー意味で「残念」って言ったんじゃないですよw)

もうひとつインドらしいなと感じたのは、

「人が集まる場所=金儲けができる」ということで、

たくさんの屋台が出ています。

あれだけ遠い海辺にまでわざわざ揚げたてのカレーサモサを売りに来ているおっちゃん

(「サモーサーー%$*+&O!!」って売り込みの声がかなりデカい)

カラフルな色の綿菓子を鐘を鳴らしながら歩きまわる売り子

(うるさすぎてちょっとした祭りみたいになってるw)

どこで釣ってきたのか分からぬ魚を並べた屋台のにいちゃん

(全く食える気がしない。。。)

遊園地によくあるようなちっちゃなアトラクション

(けっこうな大人が乗ってたりする)

娘の綱渡りサーカスをさせてる父親(たぶんそう)

とにかく大賑わいのビーチでした(笑)

 

マハーバリプラム(Mahabalipuram)に残るヒンドゥー建築と世界遺産

チェンナイから南へ約60キロ

ベンガル湾に臨むかつての港湾都市“マハーバリプラム“に行ってきました。

建立された7世紀当時の姿のまま、

今に残る遺跡や遺構にはヒンドゥー教の3大神(ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ)をはじめ

様々な神の姿が言い伝わる物語とともに描かれていました。

中でも当時波打ち際に7つ建てられていたという寺院群は

そのうち6つが今は海の中で眠っており、

唯一地上に残された最後の1つ「海岸寺院」は

現在、世界遺産に登録されています。

ちなみに、7世紀の有名な日本建築を調べてみると

607年に創建された奈良の「法隆寺」がありました

「法隆寺」も世界最古の木造建築群として世界遺産に登録されています。

この「海岸寺院」が建てられたもっと前から、

日本ではすでにあの「法隆寺」が建てられていたんですね。

こうやって比較してみると「法隆寺」のその存在のすごさにも

あらためて気づかされます。

 

このマハーバリプラムにはたくさんの岩山がゴロゴロ転がっています。

その岩をくり抜き、削り掘って、

表面を彫り、岩を切って積み上げる。

こうして造り上げられた様々な彫刻、建築群の村が

現在のマハーバリプラムです。

ヒンドゥー教のことは正直あまり知りませんが、

時を超えて今も生き続けているインドの歴史を垣間見ることができて

不思議な気持ちになり、

そしてちょっとした興奮さえ覚えました。

 

花崗岩の岩山をくり抜いてつくられた石窟寺院 ↓

 

表面を彫ってつくられた岩壁彫刻や岩彫寺院「アルジュナの苦行」や「ファイブ・ラタ」 ↓

 

岩を切って積み上げて作られた石造寺院の世界遺産「海岸寺院」 ↓

とても熱心なガイドの方が

汗だくになりながらいろいろと教えてくれました。

ブラフマー神は「宇宙の創造をつかさどる神 (Generated)」

ヴィシュヌ神は「宇宙の維持をつかさどる神 (Operated)」

シヴァ神は「宇宙の寿命が尽きた時に世界の破壊をつかさどる神 (Destroyed)」

この英語の3つの頭文字を組み合わせると、

ちゃんと“GOD”になるだろう、とのこと。

ちなみに2番目のヴィシュヌ神は10大化身と呼ばれ、

豚や魚、亀、さらには仏教の開祖である釈迦(ゴータマ・ブッダ)にまで化身するとされているようです。

とても面白いなと思いました。

さらに、僕が大好きな水野敬也さんの著書

『夢をかなえる象』で一躍日本でも有名になったガネーシャ神は

金、知恵、学問をつかさどる神で、

3番目のシヴァ神の子供なんだそうです。

なんでガネーシャだけ象の頭を持っているんだろうと

いろいろと興味が湧いてきますね。