インドの予防医学

ホーム インドの予防医学

生薬としてのスパイス?!

日本にいるときは、「カレーはカレー粉から作る派」だった私。インド料理のお店に行ったことも2〜3回しかなかったくらいです。そして、カレーに使われるスパイスにどのようなものがあるのかさえ、よく知らずインドに来てしまっておりました、汗。

そんな私ですが、最近「スパイス専門店」に行ってきました。そして、「スパイスって何…?」と考え調べてみてわかったことは、多くが「生薬」として使われるものと同じ(または似た)成分で、植物の根や茎、果実、種子などであること。和名にしてしまえば、生薬として聞き覚えがあるものが多いことに驚きました。

カレーなどのインド料理によく使われるスパイスとして、たとえば…

「ターメリック」・・・黄色の成分

ショウガ科、和名:ウコン

【効能・効果】殺菌作用、血液の浄化、止血効果、強壮作用など

(ウコンを毎日のようにとるインド人は暑さにも負けず元気なはずだと妙に納得しました。)

「レッドペッパー」・・・赤色の成分

ナス科、和名:赤唐辛子

【効能・効果】健胃薬、凍瘡・凍傷の治療など

「コリアンダー」・・・とろみ成分

セリ科、和名:コエンドロ(葉:パクチー、種子:コリアンダー)

中国ではチャンツァイ(香葉)とも呼ばれる。全草の乾燥品である「胡荽」として生薬としても使われる。

【効能・効果】炎症緩和、毒素排泄など

※ 効能・効果についてはヒトでの有効性に関するエビデンス(科学的根拠)がすべてとれているものではありません。

 

その他のスパイスにもシナモン、ニンニク、ショウガ、ミント、フェンネル(和名:ウイキョウ)などなど。

また、インドの味といえば!でよく耳にする「マサラ」というのは、これらのスパイスを調合したものだということも実は最近知りました。

(なんだか「そんなの当然!」と言われそうでお恥ずかしいのですが…。)

 

今まで「カレー粉から作るカレー」について味は気にしても「身体への良し悪し」という視点で考えたことはなかったのですが、「スパイス(生薬)から作るカレー」として考えると、味だけでなく身体にも良い作用がたくさんありそうなことに気づけて興味がわいてきました。

(ただ、スパイスの食事になれない日本人が、突然スパイスをとりすぎると胃腸に負担がかかりそうで少し心配ですが…。)

今度、英語の先生のお母さんがインド料理を教えて下さるそうで、私の英語の聞き取り力に不安はあるものの楽しみにしています。

インドに来たからには、「カレーはスパイスから作る派」といえるようになりたいです。

【参考】

レヌ・アロラの「おいしいインド料理」 柴田書店

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

チェンナイに突如現れた癒しの場”リトルジャパン”

南インド・チェンナイでは

ここ1年で立て続けに外資系飲食チェーンや

日本食レストランの新店が続々とオープンしています。

昨年ついにチェンナイ初のスタバがオープンしましたが

2015年11月末現在で一気に5店舗まで増えました。

日本食レストランも今年に入ってから

「空島」「秋平」「富士」と3店舗がオープンし、

また、居心地のいいオシャレなカフェも増えて

チェンナイ在住の日本人を賑わせてくれています。

また、ベジタリアンメニューを充実させて

インド人客を積極的に取り入れている日本食レストランも多く

今後、日本食がインド人にどのように受け入れられていくのかは興味深いところです。

IMG_2247

特に、チェンナイ初の本格ラーメン屋として今年オープンした『秋平 AKI-BAY』は

チェンナイ駐在経験のある元日産自動車のエンジニアである秋元さんが脱サラした後に

ラーメン職人道場で集中的に修行を積んで自ら立ち上げた本格ラーメン屋。

ベジタリアン用のラーメンやサイドメニューも豊富に用意して

日本文化の代名詞とも言える期間限定の新メニューを頻繁に投入するなど

インドでの駐在経験やそこで培った人脈を生かした筋金入りの事業戦略で

日本人だけでなく、インド人の関心を惹きつけています。

まだ開店からわずか約4ヶ月しか経っていないにもかかわらず、

『秋平 AKI-BAY』Facebookページの会員数はすでに3,000人に迫っており、

来店客の半数以上がインド人だというからビックリです。

インドのぐるなび:https://www.zomato.com/chennai/aki-bay-velachery

Facebookページ:https://www.facebook.com/AKIBAYINDIA
IMG_0816

IMG_0718

さらに、時を待たずして今月から『秋平 AKI-BAY』のラーメン屋のすぐ横に

チェンナイ初の日本人が経営する本格スパ『TACHIBANA』がオープンしました。

すでに日本全国そして海外モナコでもサロンを展開している『TACHIBANA』は

“日本のゴッドハンド”と言われるオーナー橘さんが

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダとアロマテラピーを

独自の手法で融合したオイルマッサージが評判を集めているようで

『2015年「神エステ」関西版』という書籍にも紹介されています。

IMG_2244

FullSizeRender

IMG_2246

モナコ店では、モナコ公妃やヨーロッパのセレブがこぞって訪れるんだとか。

今月新しくオープンしたチェンナイ店では、美容師歴20年超かつ

『TACHIBANA』のマッサージ手法を学んだ日本人美容師さんが常駐されています。

私もすでに髪を切ってもらいましたが本当に上手ですのでぜひお試しを!

 

現在、秋平のお客さん限定で特別キャンペーンを実施中で

『秋平 AKI-BAY』でラーメンを食べたお客さんに

『TACHIBANA』特別価格800ルピーで

30分のクイックマッサージが受けれるのでこれも早速体験してきました♪

全メニューが30%オフになるキャンペーンも実施中です。

お腹が空いたら『秋平 AKI- BAY』で美味しいラーメンを食べて、

食後はお隣さんの『TACHIBANA』で至極リラックス。

今チェンナイで最もホットかつ癒しを提供してくれる場所“リトルジャパン”が

これからますます発展していくことを期待しています!

12305599_831534406967149_374390976_n

デドックスなクミンシードティー

あるインド人のお宅で、お茶を出してもらいました。

先日、買ってきたスパイスのどれかの匂いに似ている気がしたので聞いてみると
クミンシードのお茶らしいです。

クミンシードといえば、
インド料理のはじめに油で炒めて香りを出すのに使われるスパイスだとは聞いていましたが、
お茶としても飲むことは知らなかったのでビックリ!

そのお宅では、毎朝作っておいて、健康のためお水の代わりに少し温かいクミンシードティーを飲むようにしているとのこと。

調べてみると、

クミンシードはクミン(セリ科の香草)のシード(種)で、クミンの和名は「馬芹、当帰」。
クミンはインドではジーラ(jeera)ともいわれるようです。

また、クミンシードティーは、消化を整えてくれる作用があってデドックス効果があるとのこと。

クミンシードティの作り方を教えてもらいました。

水(約200 cc)を沸騰させて、クミンシード(約小さじ1杯)を加えて煮出す。
クミンシードを除いて出来上がりです。

はじめ、そのお茶をいただいたとき、
独特の匂いが気になったのですが、途中からは匂いに慣れてきて、気にならなくなりました。

ちなみにクミンシードの香りはインド料理の基本となっていて、食欲を増進させる香りと言われるそうなので、好きな人にとってはいい匂いと感じるのかも…!

口に含むとお白湯を飲んでいる感覚と変わらず、飲みやすいです。

最近は、クミンシードティを飲むことがクセになってきて、
家で毎日作りおきしています。

クミンシードの匂いに好き嫌いがあるかもしれませんが、
オススメです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング