インド人同士なのに言葉が通じない!?多言語の国・インドを解説

by 中谷秋絵 | Akie Nakatani

「インドだからヒンディー語を話してるんでしょ?」と思うかもしれませんが、インドはそんなに単純ではありません。

ごうぞう
ごうぞう
インドは多人種、多宗教、多言語の国!

実際に私が経験したことを交えて、多言語の国インドのおもしろさを解説していきます!

 

デリーからチェンナイへの出張で起きたインド多言語の「珍事件」

私がデリーで現地採用として働いていたときのことです。ある日、日本人上司Aさん(英語ペラペラ、ヒンディー語は話せない)が、南インドのチェンナイに出張しました。

私たちがデリーのオフィスで働いていたときに、Aさんからインド人上司へ電話が。

「今チェンナイ空港に着いたんだけど、タクシーのドライバーは英語ができないから通訳してほしい」とインド人上司に頼むAさん。

ドライバーに携帯を渡し、インド人上司としばらく会話。ところが、インド人上司から帰って来た答えは……

「このドライバーはヒンディー語もわからないので、僕も会話できません」

ごうぞう
ごうぞう
そう、北インドのデリーはヒンディー語、南インドのチェンナイはタミル語を話すため、インド人同士とは言え、会話ができなかったのです。

後日、Aさんは「困り果てたよ」と言っていました。結局どうやって空港から移動できたのかは謎です……

 

多言語の国インドには2,000以上の言葉が存在する

なぜこんなことが起こったのでしょうか?

ごうぞう
ごうぞう
それは、インドが「多言語」の国だからです。

インドの公用語はヒンディー語で、英語が準公用語となっています。ヒンディー語が公用語となってはいるものの、主に北インドで話される言語であり、チェンナイなどの南インドでは通じません(ヒンディー語を「学んでいる」人もいるので、中には通じる人もいます)。

公用語以外に22の指定言語があり、チェンナイのタミル語バンガロールのカンナダ語ハイデラバードのテルグ語、そしてケララのマラヤラム語などがあります。さらに、指定言語に認定されていない地域ごとの言語が約2,000あると言われており、インドは多くの言語が存在する国なのです。

では、準公用語の英語は、インドでどのくらい話されているのでしょうか?

ごうぞう
ごうぞう
英語話者は全体の約10%

少なく感じるかもしれませんが、インドの人口は13億6,600万人なので、約1億3,600万人の人が英語を話すことになります。

高等教育を受けたインド人はみんな英語を話すので、ビジネスシーンではほとんど英語が通じます。しかし、タクシーのドライバーさんやローカルマーケットの方、メイドさんなどは、英語ができない場合が多いと感じました。


北インドでは広範囲でヒンディー語が話され、実際の公用語として機能しています。しかし、南インドでは州ごとに言語が異なることから、英語が準公用語として活用されている印象です。特にケララ州は教育水準が高く、英語話者が多い州としても有名です。

このようにインドは多言語社会なので、インド人同士でも言葉が通じないという事態があるのです。インド人同士でも英語で会話しているのは、こういった理由もあります。

 

南北インドの恋愛を描いた映画「2 STATES」

南北インドの特徴を理解するのに、おすすめの映画が2 STATESです。

北インド・パンジャーブ出身の主人公(アルジュン・カプール)と南インド出身の彼女(アリア・バット)の恋愛を描いています。インドで「結婚」とは家同士が深く関わる一大事。家族が結婚相手を選ぶ「お見合い結婚」が主流でしたが、最近では少しずつ恋愛結婚も増えています。

ごうぞう
ごうぞう
この映画では、北と南出身の2人が家族も巻き込みながら、恋愛、結婚までをコメディータッチに描いているよ

北出身の主人公が、南の文化に戸惑うシーンなどもあり、「インド人同士でもこのように感じるのか」と、南北インドの違いがわかって、とてもおもしろいですよ(映画なので、ちょっと誇張している部分もあると思います)。

 

インドの多言語を感じた「カッチの女性」

カッチの美しい刺繍

インドの言語に関して、旅行中に感じた印象的なことがあります。

伝統工芸品で有名なまち、グジャラート州のカッチ地方を訪れたときです。現地の美しい刺繍に魅了された私は、現地ガイドに「刺繍を習いたい」と頼み、小さな村を訪れ1日刺繍を教えてもらいました。そのガイドは「夕方迎えに来る」と言って、私は1人村に残りました。

村の女性に刺繍を教えてもらったのですが、この方が英語はもちろんヒンディー語も、州の言語であるグジャラート語もわからない人だったのです。この女性が話すのは地域の言葉であるカッチ語だけ。刺繍は見て、真似する、という方法で学ぶしかありませんでした。

都市部のビジネスシーンではほとんど英語が通じるのに対し、田舎では現地の言葉しか話せない人もいるインド。

ごうぞう
ごうぞう
都市と田舎では大きな違いがありますが、これもインドの一部なのです

 

 

多言語の国インドを理解しよう

多くの人出賑わうローカルマーケット

インドは国土が広く、人口も多い国ですが、言語の面からもインドの広さを感じられます。

地域が違えば、言葉も食べるものも習慣も違うなんて、外国のようですよね。

このような感覚は単一国家の島国で育った日本人には、わかりにくいかもしれません。しかし、インドを理解する上で言語は欠かせないポイントです。

この記事を読んで、少しでも「インドっておもしろいな」と思っていただけたら幸いです!

ごうぞう
ごうぞう
この記事のライター中谷秋絵 | AKIE NAKATANIさんの著書「どんなに自己肯定感が低くても生きやすくなるすごいインド思考術」は絶賛発売中!詳しくはAMAZONから♪


 




0 comment

Related Articles