インド・バンガロールの日本式ホテルで大浴場を満喫!【ザ・チャンセリー・ホテル】

by TATSUYA

出張、旅行、駐在、留学などでインドへ来ると「たまには日本を感じたい…。ちょっと日本が恋しいな」と感じることはありませんか?

ごうぞう
ごうぞう
そんな方にオススメなのが、バンガロールにあるインドの日本式ホテル、ザ・チャンセリー・ホテル!

ザ・チャンセリー・ホテルはトヨタエンタープライズがプロデュースするホテルです。

 

ザ・チャンセリー・ホテルの特徴

  • インドで大浴場を楽しめる
  • 日本の漫画が置いてある
  • 注意書き等の案内が全て日本語
  • ジャパンデスクがある(昼間のみ)
  • 朝食で日本食を提供され、地下に日本食レストランもある

この記事では、ザ・チャンセリー・ホテルのオススメポイントをご紹介します。インドで疲れた方はぜひザ・チャンセリー・ホテルに宿泊してリフレッシュしてください。

大浴場については、宿泊客でなくても利用できます。

 

 

インドで大浴場を楽しめる

ほとんどのインド人はシャワー浴びる習慣しかないため、5つ星クラスのホテルに泊まってもバスタブすらない場合があります。

ごうぞう
ごうぞう
そんなインドで大浴場を満喫できるのは2箇所だけ!

1箇所はグルガオンにあるダイヤパーク、もう1箇所はバンガロールにあるこのザ・チャンセリー・ホテルです(もっとも、ヒマラヤの山奥まで行けば天然温泉もあるらしいですが、恐らく出張中に行くのは難しいのはないのではないかと思われます…)。

宿泊せずに大浴場のみ利用することも可能で、その場合にはフロントを通り過ぎて地下1階へ降り、受付で700ルピーを支払います。

受付でロッカーのキーを受け取ります。脱衣所のロッカーは写真の通り鍵付きなので、貴重品などもこちらのロッカーへ預けて入浴します。

 

日本の銭湯と全く同じ仕組みで、どこでもドアで日本へワープしたかのような錯覚に陥ります。

ダイヤパークは男湯と女湯に分かれているのに対し、このザ・チャンセリー・ホテルは1つの浴場を時間帯によって男湯と女湯に分けています

時間帯は制限されるものの、ダイヤパークよりチャンセリーの方が広いので、ゆっくり寛ぐことができます。

営業時間

  • 06:00~22:30

男性営業時間

  • 火曜日~金曜日/ 06:00 – 09:00 ,18:00 – 23:00
  • 土曜日・日曜日/ 06:00 – 09:00 ,15:00 – 23:00
  • 月曜日のみ/ 20:00 – 23:00
    ※月曜は定期清掃のため20:00~の営業(男性のみ)

女性営業時間

  • 火曜日~金曜日/ 10:00 – 17:00
  • 土曜日・日曜日/ 10:00 – 14:00

インドの方はほとんど大浴場へ入る習慣はないと思いますが、このホテルの大浴場では何故かインド人客もよく見かけ、日本式のルールに従ってきちんとお風呂に入っています。

インド人が「浴槽にタオルを入れない」というマナーまできちんと守っていたのでビックリしました。

ごうぞう
ごうぞう
大浴場の中にはサウナもあり、入口にはマッサージスパ沙羅もあります

※当該画像はザ・チャンセリー・ホテルよりご提供いただき、掲載許可を得た上で掲載させていただいております

※当該画像はザ・チャンセリー・ホテルよりご提供いただき、掲載許可を得た上で掲載させていただいております

SPAの料金については下記URLをご参照ください。

SPA 沙羅 料金表

※2021年10月現在、コロナウィルス感染防止のため大浴場とSPAは営業停止中です。最新の状況は公式ホームページでご確認ください。

 

 

日本の書籍が置いてある

ごうぞう
ごうぞう
チャンセリーホテルの4階には「響」という、ラウンジのような共有スペースがあり、本やマンガや雑誌を読むことができます。

将棋などのおもちゃも置いてあり、子どもも楽しむことができる空間になっています。

インドへ来ると動画を見るか電子書籍を読むくらいで、紙媒体の日本の本を読む機会は少ないと思いますが、ここでゆっくりとマンガを読むとリフレッシュすることができます。

「響」営業時間

  • 9:00~23:30

 

チャンセリーのエレベータに乗ると上記のように、「響」でのヨガレッスンの案内を見かけました。

このラウンジは宿泊客だけでなくビジターでも利用でき、充電などもできます。

 

 

注意書き等の館内案内が全て日本語

チャンセリーは館内のどこにでも日本語の案内があり、まるで日本国内のホテルにいるのではないかと錯覚するほどです。

部屋の案内なども日本語で書かれており、インドにいるのを忘れることができます。

日本語で書かれたバンガロールの街案内もあります。

部屋のトイレにはウォシュレット機能がついており、シャワールームにはバスタブもあり、NHKのテレビも映ります。

写真の通り、部屋はとても広々としていて快適です。

※当該画像はザ・チャンセリー・ホテルよりご提供いただき、掲載許可を得た上で掲載させていただいております

客室の浴室も広々としています。

 

 

ジャパンデスクがある(昼間のみ)

ホテルのフロントは英語のみですが、別の場所にジャパンデスクがあります。

ジャパンデスクは24時間営業ではなく昼間のみですが、日本人が日本語で対応をしてくれます。

ジャパンデスク連絡先

japandesk.tch@chanceryhotels.com

部屋からも内線でジャパンデスクへ連絡できますので、何かあったときは心強いサービスです。

 

 

朝食で日本食を提供され、地下に日本食レストランもある

1階(グランドフロア)の奥に食堂があり、朝食はこちらで頂きます。

ごうぞう
ごうぞう
ザ・チャンセリー・ホテルの朝食は一般的なインドのホテルの朝食ですが、入り口で”Japanese Breakfast Please”と伝えると、ご飯・味噌汁・漬物・焼き魚などの定食を提供してもらうことができます!

そして、ホテルの地下には「祭」という日本食レストランがあります。

とても日本風で落ち着いた内装です。

焼き鳥、丼、お寿司、麺類、サラダなど一通りの和食があります。

ごうぞう
ごうぞう
レストラン祭では、お酒も飲めちゃいます。
「祭」営業時間

  • 昼食(ランチ) 12:00~15:00(ラストオーダー/14:30)
  • 夕食(ディナー)18:00~23:00(ラストオーダー/22:30)

 

 

インドで日本が恋しくなったら、チャンセリーホテルへ

ザ・チャンセリー・ホテルはバンガロールの中心街にあり、ホテルの周囲にはステーキハウスなどが多数あります。

インドでは宗教上の理由によりお酒を呑んだり、お肉を食べられない地域がありますが、バンガロールはではお酒もお肉も楽しむことができます。

ごうぞう
ごうぞう
インドの他地域に住んでいて、少しお疲れの駐在員さんや長期旅行者の方も、ぜひバンガロールへ来て、インドの日本式ホテル・チャンセリーでリフレッシュしてください!
アクセス:バンガロール国際空港から車で約50分、メトロCubbon Park駅から徒歩約7分

公式ホームページ:https://www.the-chanceryhotel.com/bangalore/

 




0 comment

Related Articles