インドの宗教と文化

ホーム インドの宗教と文化

Tasmacという名の怪しい酒屋

初めてチェンナイでお酒を買いました。

っていうのも州政府から認められたホテルでは安心してお酒が飲めるのは知っていましたが、

家で飲みたい場合にどこでお酒を買えばいいのかまだちゃんと分かってなかったんです。

 

チェンナイがあるタミル・ナードゥ州はインド全土の中でも保守的な地域で、

お酒に対して否定的なイメージがあり、その取り扱いが厳しい地域です。

また、ガンジーの生まれ故郷であるグジャラート州のように

原則禁酒規制されている州もあるようです(許可証を取得すればお酒を買えるんだとか)。

それに対してチェンナイから電車で4~5時間でいける隣町バンガロールがあるカルナータカ州や、

ムンバイがあるマハラシュトラ州はワインの産地としても知られるようになってきているほど、

お酒に対してのイメージやその取り扱いは州によって相当に違っているようです。

昨日、ふとお酒が飲みたくなってTwitterでつぶやいたら、

チェンナイ在住の人がお酒を買える場所を教えてくれました。

その名もTASMAC (TamilNadu State Marketing Corporation Limited)。

チェンナイでは州政府公認の州営酒店TASMACがあって、

夜の23時までならここでお酒が買えるんだそうです。

で、早速行ってみたんですがこれが超怪しい場所でした(笑)

さすがに中に入るのでさえもビビってしまうぐらいドキドキしました。

中がすごい暗いんです。

で、暗い通路を中に進んでいくと鉄格子越しにうっすらと酒が並んでるのが見えてくる。

しかも何が売っているのかはよく分からないので欲しいお酒を口頭で伝えて、

それでお金とお酒を交換する(笑)。

まさに「ニイちゃん、これが例のブツだぜ。ほらよ」っていう感じ。

そのさらに奥にはお酒を買ってその場で飲める立ち飲み場があって、

怪しい(たぶん怪しく見えるだけですが)男たちがたむろしています。

そんなに高くないのでこれからいっぱい飲めそうです!(笑)

新年明けました?Happy Diwali !!!

今日はインド最大のお祭り「ディワリ(Diwali)」

インド人から聞く話によると、

どうやらディワリはインドの新年のお祭りのようです。

家の大掃除をして、

服や靴などを新調したり

家族で集まってみんなでご飯を食べて、

甘いお菓子を楽しんだり

ご近所さんとは「Happy Diwali !!!」とご挨拶をして

同僚や友人からも「Happy Diwali !!!」とメールが送られてきました

「Happy New Year !!!」的な感じなのだろう、と思いながらも

正直、ここにきて11月13日(火)が新年だなんていう実感はまったくわかなかったですw

ディワリは別名「光のフェスティバル」と呼ばれているんだそうで

街中の建物やアパート、ショッピングモールが電飾で飾り付けられていました。

そして、各家庭でのプージャ(Pooja:お参り儀式)が終わると

子どもたちは(大人たちも?)今日のために買ってあった花火や爆竹を持って外で遊びます

ちょうど私が住んでいるアパートの目の前で、

目を輝かせながら楽しそうに爆竹で遊んでいた子供たちには

「やかましわ!」とはとても言えず私も一緒になって遊んでいましたが

それでも、やっぱり朝から花火が上がったり爆竹がなり続けるのでとにかくうるさい。

この日だけはインド国外に逃亡する日本人が多いのも納得です。

そんなディワリで一番の盛り上がりを見せるのが夕方暗くなってからの花火。

何がすごいって、内戦中かのような爆音とともに、

街中から花火が打ちあがり続けること。まさに街ごと花火大会です。

実際は各家庭でそれぞれ花火を楽しんでいるだけなんでしょうが、

アパートの屋上に上ってみたときには

日本では見たことのない光景とその迫力にむしろ感動さえ覚えました。

360%至るところからノンストップの花火打ち上げ合戦です。

ちなみにこの花火。夕方6時ごろスタートしましたが、

今、このブログを書いている夜11時を過ぎてもまだやってます(笑)

いい加減に「やかましわ!!!w」

と言いつつ、今年一年が素晴らしい年になりますように。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

チェンナイを拠点に世界を楽しむ

チェンナイ(タミル・ナードゥ州)は酒飲みにとってある意味つらい街です。

お酒に対するイメージの悪さからか

酒類販売免許の取得も相当に難しいようです。

州政府公認のバーやレストランも確かにありますが、数えるほどしかありません。

しかも、男性だけの入店を断られるケースも珍しくない。

男女カップルしか入れないことがあるんです。

だから、怪しい酒屋でお酒を買ってきて家で飲むか、

それか州政府公認のホテルのレストランで高いお酒を飲むか。

(こっそりお酒を出してくれるレストランはいくつかありますが。笑)

要は気軽にお酒が飲めない上に、外で飲むと非常に高い。

食べて飲んですると、ひとり2~3千円ぐらいすぐに使ってしまいます。

酒にこんなにもお金を使っているようでは

酒飲みとしてインドに住んでいる地の利を生かせない。笑

 

 

IMG_3720

逆に、インドには酒飲みが集まる州が2つあります。

それは元ポルトガル領のゴア州と、

元フランス領のポンディシェリ連邦直轄領

この2つの州では酒税がかからないためお酒が安く飲めるんです。

さらに、コンチネンタル料理が楽しめるレストランが多いので

牛肉やシーフード料理を食べながら一緒に飲むお酒はさらに美味しい。

レストランでで概ねお酒一杯50~60ルピー(約80~90円)で飲めます。

ポンディシェリはチェンナイ中心地からバスで片道3~4時間で行けますし、

ゴアは飛行機で片道1時間半、往復航空券も8000ルピー程度(約12,000円)です。

チェンナイからだと共に週末を利用すれば楽しめる距離感

特に、ゴア州にある数々のビーチは本当に美しく

バカンスのために長期滞在する西洋人やロシア人がたくさんいます。

とあるビーチではインド人がひとりもおらず、

ここがインドであることさえも忘れてしまうようでした。

チェンナイという街を別の角度から楽しみつつ、

チェンナイを拠点に様々なインドを楽しむ。

そして、チェンナイを拠点にスリランカやモルディブ、東南アジア、そして世界を楽しむ。

そんな海外生活のあり方について考えていると

チェンナイが持つ拠点としての多様性と、

インドの伝統と文化の多様性がさらに魅力的に感じられます。

というのはちょっとチェンナイびいき過ぎるでしょうか。笑

IMG_3729

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

インド映画は面白いのか?

初めてタミル映画を観てきました。

『PAAGAN』というラブコメディです。

チェンナイ最大のショッピングモール Express Avenue の中にある

シネコン『escape』で観たんですが、

日本の映画館よりも豪華でした。

座席のすわり心地がバツグンにいいです。

 

で、肝心の映画のほうも ”ある意味” 超面白かったです。

「インド映画=オヤジと美女が急に踊り出す変なB級映画」

というイメージを持たれがちですが、

そのイメージどおり、

しゃべりまくって歌いまくって踊りまくっていました。

しかもストーリーの展開の速さにビックリ。

始まって5分もたたないうちに見知らぬ男女が出会い、

結婚し、子供が生まれ、子供が成長し、

5分たった頃にはすでに家族みんなが一緒に踊り出していました(笑)

そして面白いシーンのときはお客さんみんな拍手喝采

何を話しているのか全く分からないので、

正直、笑いについていくことができない寂しさはありましたが、

ストーリーがリズミカルに進んでいくのと、

ドラマとミュージカルを交互に観ている感覚なので最後まで飽きずに楽しめます。

あ、でも(この映画だけなのかもしれませんが)

ロマンスなのに最後までチューがありませんでした(笑)

そして、キャストがお酒を飲むときはお酒にしっかりとモザイクがかかります。

ここタミル・ナードゥ州はやっぱりお酒のイメージが悪いんだなーとあらためて感じました。

それから、インドの映画はとにかく長い。

上映時間は約3時間です。

「最近は2時間半を超える映画はかなり少なくなってきている」

という情報もありますが僕が観た映画は2本とも3時間近くありました。

1時間半ほどたったところでいったん休憩時間になります。

最初は(話の内容を理解していないのでw)もう終わったのかと思いましたが、

多くの人が席に残って話をはじめたので様子がおかしいと思って待っていると、

10分ほどで何の合図もなく突然後半がスタートしました。

 

もうひとつ面白かったのがアクションシーン。

「え?なにそれ?」っていう常識を逸脱したアクションシーンが平気で出てきます(笑)

これはインド映画では有名な話のようで、

伝説になりそうなおもしろアクションが過去に数多く上映されているみたいです。

今日観た映画はそれこそアクション映画ではないので

それほど多くは見られませんでしたが、それでもスゴかった。

自転車好きの主人公が、

10人ほどの敵に囲まれたとき、

自転車を縦横無尽に振り回して見事に勝利しました(笑)

おそらく「自転車=最強」の方程式を示した世界初の事例だったのではないでしょうか?

 

次々と変化していくリズミカルなストーリー展開の中に、

歌、踊り、アクションなど様々な演出がギュっと詰まっています。

次はどんな演出が出てくるのだろうかと、

ワクワクしながら観ることができるのも

インド映画の楽しみ方のひとつかもしれませんね

 

インドに多大な影響を与えた外国人を知る

「インドに多大な影響を与えた外国人3名と言えば?」

そう聞かれて誰を思い浮かべるでしょうか。お恥ずかしながらピンとこなかった私。

インド駐在経験が豊富なある方からの一言「インドに住むならそれぐらい知っておけ」

そんな言わずとしれた3名の外国人についてご紹介したいと思います。

 

1, マザー・テレサ(1910年マケドニア生まれ。キリスト教徒。)

マザー・テレサは、「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働く」ことを目的として創立された修道会「神の愛の宣教者会」の創立者です。もともとカトリック教会の修道女で、若いころからコルカタの聖マリア学院で20年近くにわたって地理を教えていた彼女は、後に貧しい人々のために無料で授業を行うようになり、また、ヒンズー教の廃寺院を利用して、ホスピスや児童養護施設を開設。少しずつ彼女の活動がインド全土に知れわたるようになりました。

相手の宗派や置かれている状況を問わずに、献身的かつ長期的に苦しみのなかにいる人々に安息をもたらしたとして、1979年に「ノーベル平和賞」を受賞。ノーベル平和賞と言えば、「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」という非核三原則を提唱した佐藤栄作が日本人として唯一1974年に受賞した賞。また、「インドの宝」という意味で、インド国民に与えられる最高の賞と言われる「バーラト・ラトナ賞」や、アメリカ合衆国政府によって外国人に与えられる名誉市民権で、現時点で歴史上7名にしか授与されていない「アメリカ名誉市民」に選出されています。なんと、インド大統領や首相以外で国葬されたのはあの有名なサティヤ・サイ・ババとマザー・テレサしかいないのだとか。

 

2, ソニア・ガンディー(1946年イタリア生まれ。キリスト教徒)

ソニア・ガンディーはイギリスのケンブリッジ大学留学中にインド人であるラジーヴ・ガンディーと知り合ったことによって人生の大きな転機を迎えます。つまり、インド初代首相ジャワハルラル・ネール氏、その娘でその当時の首相インディラ・ガンディー氏、さらにその息子がラジーヴ。つまり、ソニアはネール・ガンディーの一族であり、かつ、当時のインド首相の息子ラジーヴと恋に落ちて1968年に結婚します。

ラジーヴは1980年ラジーヴの弟の飛行機事故を機に政治に関わり始め、1984年母親インディラの暗殺後にその地位を引き継いで首相に就任しました。そして、ソニアはついにインドのファーストレディーになります。しかし、悲劇的なことに1991年に夫であるラジーヴまでも暗殺されてしまいます。ラジーヴは、統一タミル国家建設を目的としたLTTEという過激派グループの女性自爆テロによって暗殺されましたが、その暗殺現場は他でもないタミル・ナードゥ州のチェンナイ郊外でした。

2004年に迎えた総選挙では、イタリア人であるソニアがついに首相候補として選出されましたが、イタリア生まれであることが批判されていたこともあって自ら首相就任を固辞。代わりにマンモハン・シンを首相に指名したという経緯がありますが、現在もなおコングレス党(インド国民会議派)の総裁として、夫が暗殺された後も政治に関わり続けています。

 

3, 鈴木修(1930年日本生まれ)

そして、忘れてはいけないのがなんと言っても我らが日本人である鈴木修氏。インドの自動車産業を振り返ると、鈴木修氏が率いるスズキのインドにおける影響力がいかに大きかったかがよく分かります。遡ること80年以上も前の1930年代、米ゼネラル・モーターズ(GM)と米フォードはすでにノックダウン方式による生産をインド国内で始めていました。しかし、インド政府は国内産業を保護するために、外資規制や部品輸入の制限等を行い、ついに1954年にGMとフォードはインドから撤退してしまいます。そんなGMとフォードの撤退以降、外資として初めてインド市場に参入したのがスズキ自動車です。

インド政府とスズキ自動車の合弁であるマルチ・ウドヨク社は、当時のインド首相であったインディラ・カンディーの次男であるサンジャイ・カンディーが、国民車開発構想の下に立ち上げた自動車メーカーを国有化して外資と組むことで、それまでの技術や工業化の遅れを取り戻すことを目的として1981年2月に設立されたもの。当初、インド政府は欧州メーカーと組む予定だったそうですが、鈴木修氏社長自らが、当時GM本社があるデトロイトに出向いていたインド調査団を訪問し、積極的なプレゼンテーションによって相手の関心を惹きつけ、インド政府をこちらに振り向かせたことによって、政府との合弁によるインド進出を見事に果たしました。鈴木修氏の力強いリーダーシップとインド市場に対する覚悟が、スズキ自動車の海外事業の強化だけにとどまらず、インド自動車産業そのものの発展や技術革新等に大きく貢献しました。

 

IMG_1082

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

アシュタラクシュミー寺院とエリオットビーチ

ベンガル湾の海岸沿いにあるヒンドゥー教の寺院、アシュタラクシュミー寺院に行ってきました。チェンナイ市内から車で30分ほど南に下ったところにあります。

アシュタラクシュミー寺院は、ドラヴィダ文化の現代様式が表されているといいます。

ドラヴィダ文化はイスラム文化の影響を受けていない生粋のインド文化で、チェンナイがあるタミルナードゥ州が中心地となっているそうです。

 

まず、寺院に入る際には靴を脱がなければなりません。

決して清潔とはいえないアスファルトを裸足で歩くことになるので、靴を脱ぐには勇気がいりました。

中に入ってみると、たくさんのインド人たちが熱心にお参りされていました。

 

ここは「ヒンドゥー教の女神である、マハラクシュミ(Mahalakshimi)の8種類のすべての権化に捧げられている」といわれ、寺院では8ヵ所のラクシュミにお参りします。8カ所それぞれに、頭がよくなる、健康になるなどの違う効果があるそうです。

お参りする度に、おでこに赤い粉を塗っていくので、8カ所すべておわる頃にはおでこが真っ赤に…。

 

また、寺院の前に広がるエリオットビーチの露店の様子。

また、エリオットビーチには手動で動くメリーゴーランドもあります。ご家族が見守る中、子供たちが楽しそうに遊んでいました。

他の人たちは、海では泳がず、水着にもならず、服のまま砂浜に座ってしゃべっている方が多いです。

日本では見たことがない光景に、寺院と同じくらいエリオットビーチの様子も印象的でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

男と一緒にお酒を飲んだらダメ?

先週末に友人とふたりでバンガロールに行ってきました。

すっかりチェンナイ生活が当たり前となった私の目から見ると

憧れてしまうほどの素敵な街です。

年中カラっとした比較的涼しい気候の中で、

基本的にオート(ミニタクシー)はメーター料金で走ってくれるし

オープンテラス席とこじゃれたインテリアに囲まれながら、

気軽にお酒が飲めて、欧米人のお客さんも多いレストランの雰囲気は

まるでチェンナイとは別世界。

お酒の酔いも手伝ってどこかワクワクさせてくれる、

洗練されていてかつ華やかな印象です。

もちろん、“インドにしては“の話ですが。笑

IMG_3588

 

ただ、ひとつ残念すぎることがありました。

「よし!今日は美味い酒と日本食を食べよう!」ということになって

友人とふたりである日本食レストランに向かったところ、

「金曜と土曜は男女カップルしか入店させていない。」とのこと。

「実はオレたちカップルなんだ~えへへ~」とワケの分からない言い訳をしてみても通用せず、

人生で初めての断固入店拒否でした。

泣く泣くあきらめて隣にあったイタリアンレストランへ。

まーーここのピザ超美味かったので結果的にはよかったんですけど。

 

実は以前にチェンナイでも同じようなことがあって、

あるお酒が飲めるレストランに予約をしようと電話をしてみると、

「誰と一緒に来るのか?女性と一緒か?」

と聞かれたので

「男ふたりで行く。」と答えたところ、

「男だけだったら予約はできない」とまさかの予約拒否。

女性と一緒でなければ予約さえもできない店があることには驚きました。

 

正直、本当の理由は分かりませんが、

個人的に推測するには、

男だけで酒を飲むとガラの悪い連中が出てきて店の雰囲気を悪くするため、

それを未然に防ぐための対策なのではなかろうか、と考えています。

比較的お酒に対して寛容であるはずのバンガロールであっても、

まだまだお酒のイメージは悪いのだな、と考えさせられた経験でした。

本当の理由を知っている方がいればぜひ教えて下さい!

IMG_3638

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

面接はご家族もいっしょ?インドの家族愛

「インド人スタッフの採用は難しい」

そんな話を日系企業の駐在員から

今まで何度も聞いたことがあります。

チェンナイでは完全に売り手市場になっていて、

なかなかいい人が見つからない上に、

当然の話ですが、スキル・経験のあるインド人求職者ほど

かなりの高待遇を要求してくるのだそうです

ある人材紹介会社の話では、希望年収は平均でも現在の収入の20~30%アップ

たくさんの会社からオファーレターを貰いならが転職活動を続け、

そのオファーレターを利用しながら

より高い待遇のオファーを出してくれる会社を探すのだとか。

なので、ようやくいい人を見つけて採用オファーを出しても、

結局、入社しないケースが多いのだそうです。

また、退職するまでの期間が長い場合も多いようで、

その人の気が変わらないうちに早く入社してもらうために

ある一定のお金を企業が負担をすることによって

退職時期を早めてもらう(買取制度を利用する)企業も多いようです。

 

一方で、興味深いお話も聞いたことがあります。

「インド人との面接当日、ご家族全員がいっしょに現れた」

「採用したインド人の家族が突然オフィスの視察に来た」

「採用が決まって契約までしたのに入社初日に来なかった」

「入社初日に来たのは母親だった」

私が働いている会社でもインドらしい出来事がありました。

ちょうど昨年末のとある月曜日に

一緒に働いていたインド人スタッフから

「2か月後に結婚が決まりました!」と。

「それはおめでとう!!!」ということで

「いつ出会ったの?!」「どんな人なの?!」などと質問すると

金曜日、つまり3日前。

そして、その2日後の水曜日

「仕事を辞めないといけない」と。

「え?なんで?」と聞いてみると

どうやら、婚約者のご家族からのリクエスト。

もっと有名なブランドのある大企業に勤めてほしい、と。

結婚式までに転職しないといけないということで、

その後、早々にに有名な某大企業の内定を勝ち取り

転職していったのでした。

 

日本と比べると、インドは家族とのつながりが本当に強い

自分の人生なんだから、と個人の自由を尊重することも大切

一方で、家族あっての自分なんだから、と自分を犠牲にしてでも家族の意向を尊重することも大切

インドはその後者をより大切だと考える文化のように感じます。

とは言っても、日本も30年前は家族とのつながりがもっと強かったのだろうか

そう考えると、インドも30年後は・・・

いやいや、インド独特の家族愛は今後も変わることはないだろうな

自分の人生と家族の人生。

その両方をうまく大切にできる道を模索していきたいですね。

 

(牛さんが通られますので少しお待ちを・・・)

IMG_2662

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

インド人の名刺に書かれた謎の頭文字?

チェンナイに来てからというもの

多くのインド人と名刺交換をしてきましたが、

名刺の名前をみていると、頭文字と名前が一緒に書かれているのをよく目にします。

日本人の「次郎」という名前で考えると

名刺には「K.T.次郎」などと書かれているんです。

チェンナイで生まれ育ったインド人の友達に聞いてみると

これはおそらくタミル・ナードゥ州独特の命名法によるものなんだとか。

ちょっとややこしいんですけど、

どういうことかを具体例を使って説明してみたいと思います。

 

例えば、父親の名前が「田中 太郎」だとします。

そして、田中 太郎さんに念願の子どもが生まれた。

まず、ここで大前提として、

チェンナイでは、子どもに名前をつけるとき、

新しい子どもの名前と合わせて、

父親の名前も一緒に受け継ぐのが慣習になっているんだそうです。

子どもが生まれ、名前を「次郎」と命名した場合、

子どものフルネームは「太郎 次郎」となるわけです。

「え?」って思うかもしれませんが、これがチェンナイの命名法。

つまり、そもそも父親のフルネームである「田中 太郎」の「田中」というのは

祖父の名前を受け継いだ後のものであるはずので、

実は「田中」は名字ではなく、祖父の名前だった、ということになる。笑

言ってしまうと、そもそも名字(Family Name)の概念がチェンナイのインド人にはない

また、名前に加えて、家系にゆかりのある村の名前がフルネームの前後に付くケースもあるようです。

例えば、田中家は昔から「神戸」に住んでいたと仮定すると、

子どもの名前は「神戸 太郎 次郎」などとなっていたりします。

そうなると、自分の名前は「次郎」なのに、

そんな事情を知らない外国人からは

「神戸さん」とか「太郎さん」などと

村の名前で呼ばれたり、父親の名前で呼ばれたりしてややこしい

そこで名刺には、頭文字を使って「K.T.次郎」としているわけだ。

 

ちなみに、この「K.T.次郎」さんが大きくなって

「花子」さんと結婚したとします。

すると奥さんの名前は「次郎 花子」になります。

奥さんも同じ要領で夫の名前をもらうんだそうです。

「J.花子」さんの誕生

つまり、妻子ともに夫の名前をもらって家族になるわけですね。

 

ちなみに、北インドのデリーなど他の地域では

日本と同じように名字と名前がちゃんとあるようなので、

これは、まさにタミル・ナードゥ州(チェンナイだけ?)独特の命名法と言えそうです。

IMG_3332

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング

南インドの古典舞踊を観てきました。

あるYOGA教室主催のパーティで行われていた、「バラタナティアム」という古典舞踊を観てきました。これは、インドの四大古典舞踊の一つといわれ、その中でもチェンナイがあるタミルナードゥ州(南インド)発祥の最も歴史が古く神に捧げる舞なのだそうです。

独特の衣装にメイク、髪型、足に鈴をつけ音楽に合わせて床を踏む音が印象的でした。

踊りは手や足、首の動きだけでなく、指先や顔の表情、目線まで豊かに感情が表現され、また、ストーリー性もあり引き込まれて観ていました。

(内容はすべてはよく分かりませんでしたが・・・)

インドの古典舞踊を見るのは初めてでしたが、歴史の深さを感じることができた気がします。

日本で生活をしているとインドの歴史や文化などを知る機会は、アメリカやヨーロッパなどに比べると少ない気がしますが(私が特に無知なだけという気も…)、実際に知ってみるとおもしろく興味深いことも多いなと感じています。

また、日本にいる時より「私は本当、日本人だな」と意識してしまう機会が多いのですが(例えば単純に顔を見比べるだけでも痛感します)、日本人なのに日本のことを案外知らないと気づき、日本のことももっと知りたいなと思うようにもなりました。

たとえば踊りについてでも、日本の歌舞伎、能、日本舞踊などについて知らないことがたくさんあり、ムクムクと興味がわいてきました。

街のガネーシャ

「ガネーシャ」は、日本でも比較的よく聞くように思いますが、私は少し前まで「ガネーシャ」といえば「ゾウ?!・・・」くらいの知識しかありませんでした。

ですが、マハーバリプラムでガイドさんにガネーシャについて教えてもらったり(その時の主人のブログです。)、それ以外にもヒンドゥー教の神々の伝説などを教えてもらうと、よりガネーシャに興味が湧いてきました。

そして、少しガネーシャを意識してチェンナイの街を歩いてみると、とにかく、あちらこちらでよく見かけます。

日本のお地蔵様みたいに道端で…

マンションの玄関口の壁にも…

オートにも…

そしてガネーシャを含む神々を額縁に入れて販売する専門店…

時には道端で煩雑に売られていることも…

ガネーシャは、想像していたよりもずっとヒンドゥー教徒の生活に根付いた神なのだと感じます。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村ランキング